日本政策金融公庫の融資諸費用をシミュレーション

 日本政策金融公庫から融資を受ける場合、どれくらいの諸費用がかかるのか

シミュレーションしてみます。

ケース設定

  個人で事業(飲食店)を経営しているAさんが運転資金として

  800万円を借り入れるために、Aさんが所有する自宅

  (土地1筆・建物1棟)に極度額800万円の根抵当権を設定

 

 必要書類など       (支払先等)    金 額

 不動産登記簿謄本  (法務局)     1通700円×2通=1400円

 公図・建物図面      (法務局)     1通500円×2通=1000円

 固定資産評価証明書 (市・区役所)  1件250円×2件=500円

 印鑑証明書     (市・区役所)           1通200円×2通=400円

 収入印紙      (郵便局)       2万円分(借用証書添付)

 登記費用      (司法書士)     50000円(司法書士報酬)

 登記費用      (登録免許税)    0円(民間銀行の場合32000円)

 登記費用      (法務局他)     3000円(完了登記簿謄本等実費)

 融資金振込手数料(日本政策金融公庫)210円

 

  あくまでシミュレーションですので上記の必要書類・費用は参考に留めて下さい。

印鑑証明書などの費用は役所によって設定が異なりますし、司法書士報酬も

目安に過ぎません

 ですが目安とはいうものの、このように日本政策金融公庫からの

融資にかかる諸費用を具体的に金額に落とし込んでみると意外と負担が

少ないことがわかります。


Comments are closed